最近ハマっているゲームアプリ【物探し編】

アプリの広告で見かけて始めたら予想外にハマってしまって、
最近はこれらのゲームを息抜きにしております。
むしろ時間を浪費しているレベルとも言える

かなりおもしろくてオススメなので、
私なりのレビューを書きたいと思います!

Seekers Notes

類似ゲームをいくつかやりましたが、これが一番クオリティ高いと思います。
最近何故かタイトルが翻訳されて「探索者の記録」になりました。
変えなくてよかったと思いますが・・・。

簡単に言えば「物探しゲーム」
ウォーリーを探せ!のモノ版です。

こちらが実際のゲーム画面なのですが、
とにかくグラフィックがキレイ!
そして物のまぎれ方が秀逸!

レベルが高い物探しなので、かなりやりがいがあります。
背景の似たような色のところに紛れ込んでいたり、
予想だにしていないようなところに模様のように配置されていたり。
隠された場所に合わせて光や影の加減まで変わるので、なかなか難易度が高いです。

クリアしていくと制限時間内に探すアイテム数が増えたり、
パズルゲームは制限時間が短くなっていったりします。

このゲームのニクイところはたまに物のデザインが変わるところ。
何度も遊んでいけば大体配置されている場所の傾向がわかりますが、
オレンジが半分に切れている時と1個丸々の時があったり、
本が開いている時と閉じている時があったりと、
脳内にインプットされた傾向と対策を地味にかき回してきます(^^;)

たまにリストに表示されているアイテムの名称がわかりませんが、そこはご愛敬(笑)
勘でそれっぽいものをタッチして学ぶしかありません。
アナグラムモードといって文字列がランダムに並び替えられている
モードがあるのですが、日本語だと難しさ半減なのが残念です。
「ガ」とか「缶」は1文字なので、並び替えようがない(笑)

難点はエネルギーの回復に時間がかかるため、
課金をしないで期間限定イベントを攻略するのが難しいところ。
ただ「ここで終わり!」と止めてくれる貴重な設定でもあります(笑)
アイテム入手頻度など、結構バランス良くできていると思います。

ストーリーとしてはダークウッドという街の謎を解明するために、
ヒントを探索しながら紐解いていくというものなのですが、
日本語の翻訳があまり上手くないのでスルーしています(何)
でもとてもおもしろいです!

【ダウンロード】
Seekers Notes (iOS)
Seekers Notes (Android)

The Secret Society

こちらも同様の物探しゲームです。
難易度はSeekers Notesより高いです。

Seekers Notesは上手く背景と同化させているのに比べ、
こちらのゲームは対象物が物陰に隠れて、
端っこ1/3しか見えていないということが多々あるので、
ヒントアイテムを使って見つけても
「わかるかっ!」とツッコみたくなります(^^;)

ただし、物の見た目が変わることはないので、
慣れてくればだいぶ対応ができます。
グラフィッククオリティは若干甘めで、
配置されている物の不自然さが少々あることも。

難点はストーリーを進めるのに多大な労力がいるところ。
こちらは写真からヒントを集め、主人公のおじが失踪した謎を解き明かす、
というストーリーで、各ステージが写真という設定です。
んが、新しい写真を解放するのにめちゃめちゃコインが必要!!!

写真から入手できるアイテムをまとめてコレクションにすれば、
それなりにコインを入手できるのですが、
そのまとめるためのアイテムがなかなか入手できないという無間地獄(-_-;)

1ステージにつき1つしか入手できないアイテムを
400個手に入れろ、みたいなタスクもあって白目。

クエストのクリアを目標にすると途方もないので、
あくまで楽しい時間つぶしくらいの気持ちでやった方が
ストレスがないかと思います(^^;)

【ダウンロード】
The Secret Society (iOS)
The Secret Society (Android)

長くなってしまったので、続きは次の記事にて。

一時帰国の楽しみ

お店の中にクリスマスコーナーが増えてきて、
もう2017年が終わるのかと身震いしている舞々です。

アメリカ生活をしていた時、長期休みと言えば一時帰国が楽しみでした。
大体1年に1回、夏に帰国することが多かったですが、
ただ単に祖国を楽しむだけではなく、
色々なものを日本で買う大事なイベントでもありました。

やっぱり日本製品のクオリティは素晴らしく!
アメリカ製ではとてもやってられないものが色々あったのです。

私が学生時代だった20年前の話なので、
今とは状況が違うかもしれませんが、
(むしろそうであってほしい)
一時帰国の時に必ずしていたことを下記にご紹介します。

文房具

学生の必需品、文房具。
シャーペンの芯、ペン、消しゴムなどを
一年分まとめ買いしていました。
私は当時漫画家になりたかったので、
漫画用品や画材も結構買い込んでいました。

なぜなら、アメリカ製の文房具は
恐ろしくハズレ品に当たる確率が高いから。

鉛筆の芯が真ん中に来ていなくて、
削ったら木の部分がとがる鉛筆とか。
インクがダダ漏れするボールペンとか。
こすると紙が黒くなるだけの消しゴムとか。
黒鉛と粘土の混ざりが甘くて、
紙がガリガリ削れるシャーペンの芯とか。

日本では考えられない品質です(^^;)
この話、盛ってません。マジです。

日本製はそんなハズレに当たることは滅多にないのに、
ペンが1本100円ですよ!アメイジング!

漫画本

漫画本も結構何冊も買い込んでいました。

アメリカにも日本のものが売っているお店はあって、
買えなくはなかったのですが、やはり輸送費の問題で高い!
大体1.5倍くらいの値段でした。

本は重いので限界はありますが、
出来る限り日本で買っていました。

リュックの中が本だらけでX線の映りがおかしかったのか、
ちょいちょい手荷物検査で開けられましたけど(笑)

ラーメン

日本にきたら必ず1回は家族で食べに行っていました!

今は食文化も進化して大都市なら
日本と劣らない味が楽しめるようになったとは思いますが、
当時はラーメンが伝わってきたばかりぐらいでしたし、
私が住んでいた郊外都市では
しっかりダシの効いたラーメン屋のスープは味わえませんでした。

カップヌードルもありましたが、
アメリカ製のは具も味も違ってイマイチ馴染めず・・・。

これは本当に年に1回の楽しみでした。

コンビニ

日本のコンビニは本当にスゴイです。
ワンダホーな空間です。

1年も経てば見たことのない製品が色鮮やかに並び、
どれもこれも美味しそうで目移りしてしまいます。
それなのにおにぎりも菓子パンも100円台!
ファンタスティック!!!

私は4年空けて2回渡米しているのですが、
アメリカでは4年空いても、スーパーに行けば、
ほぼほぼ見たことのある定番商品ばかりでした。
日本みたいにマメな改良や新製品開発をしないんですよね。

陳列やパッケージの工夫にも日本のお店は余念がないので、
アメリカから帰ってくると店内が全て輝いて見えたものです(笑)

まとめ

日本に住んでいると当たり前の日常が、
海外に住んでいると本当に貴重なものだと実感することが多々あります。

私はもう本帰国から15年以上が経ち、
若干薄れてしまった感覚もあると思いますが、
この時の経験があるので日本製のクオリティに本当に感謝しています。
それと共に、外国に行っても多少の粗さは
こんなもんかと気にしないこともできます(笑)

素晴らしい企業努力にありがとう!と声を大にして言い、
私は今日も様々な日本クオリティに助けられて生きています。

翻訳・英作文のテクニック

私は翻訳の仕事を請け負ったりしていますが、
もちろん自分の力だけで完璧にできるわけがなく、
辞書や様々なツールを駆使して行っています。
恥ずかしながら、単語力は引くほど低いです(-_-;)

また翻訳の難しいところは原文を読み取れても、
それにピッタリとくる言葉がすぐに出てこなかったりして、
効率的に進める上でも辞書は非常に役立っています。

このテクニックは誰でも英文の読み書きに使えると思いますので、
下記にご紹介いたします。

辞書ツール

Weblio英和和英辞典、様々です。m(_ _)m

このサイトの優れているところは
日本語を入れれば英語に、英語を入れれば日本語に、
自動的に変換してくれるところです。

従来の電子辞書のように英和・和英を切り替えなくてよいので、
かなりスピードと効率を上げられます。

どうも今一歩言葉がしっくりこないという時は
類語辞典も併用しています。
大変お世話になっておりますm(_ _)m

Weblioにも英語の類語辞典はありますが、
英語類語はThesaurus.comの方を愛用しています。
英語圏のサイトなので、かなり幅広く類語を検索することができて重宝しています。

文章例はALCの英辞郎がかなり充実していて、自然なフレーズも多いと思います。

Google翻訳

だいぶ精度が上がってきたとはいえ、
やっぱりちょっとおかしな翻訳になってしまう機械翻訳。

しかしこれが機械だからこそ役に立つところがありまして、
綴り間違いや凡ミス探しに結構使えます。

今やWordでもブラウザ上でも自動的にスペルチェックをしてくれますが、
例えば from と form など、間違えても実際に存在する言葉だと、
結構チェックが抜け落ちてしまいます。
見た目も似ているので目視でもスルーしがちです。

これを機械翻訳にかけるとおかしな文章になって出てくるので、
タイプミスを発見しやすいメリットがあります。
英語にない言葉があると翻訳されないで元のまま返されますし、
スペルミスも高確率で発見できます。

あとは回りくどい文章でわかりづらい時に
ヒントを得るために機械翻訳にかけたりもしますが、
鵜呑みにはせずに参考程度に使っています。

Google検索

文章や言い回しを調べる時にGoogle先生は結構使えます。

検索の小技がありまして、” “(クオテーションマーク)で囲むと、
その順番通りにヒットするサイトを検索できるんです。

普通に「go straight that way」と検索窓に打ち込むと、
これらの4語が順不同で当てはまるページが出てきますが、
「”go straight that way”」とクオテーションで囲むと、
この順番通りになっているページだけが出てきます。

ヒット件数が多ければ一般的によく使われている言い回しですし、
ヒットしない、ヒット件数が非常に少ない場合は
言わないか不自然な言い方であるという判断ができます。
日本のサイトばかりが出る場合は
和製英語や日本人的英文の可能性を考えることもあります。

あまり長いフレーズを打ち込むと当然ヒットしませんので、
そこはさじ加減が難しいのですが、
4~5語くらいで区切ると結構良い確率で参考になります。

また、*(アスタリスク)でここの言葉は何でもいいよ!
とする検索方法もあります。

未だに私にとって前置詞は難しいので、結構使います。
上記のクオテーションと組み合わせて、
「”put * the shelf”」とここに入る一般的な言葉は何か?
というのを探ったりします。
前置詞だけでなく動詞や形容詞を探すのにも使えます。

多くの人が疑問に感じやすいものは
英語学習者のフォーラムサイトに当たることもあり、
それも参考にすることが多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
これらのテクニックは学習や業務にかなり使えると思います。
こんなに素晴らしいツールやサイトを製作した、
世の中の頭の良い人たちに足向けて寝れません。

もうすでにご存知のテクニックも多々あったかとは思いますが、
知らないものが新たに参考になりましたら嬉しい限りです(^^)

手汗の悩み


写真:ぱくたそ

私、舞々の幼少の頃からの悩みで、
「手のひらと足の裏の汗がヒドイ」というものがあります。

親と手を繋いで歩くくらいの年齢ですでに
繋いだ手がグッショグショになっていました。

汗腺を切る手術の存在も知っていましたが、
全身麻酔してまで・・・と思い放置。
母には「子供産んだら体質変わることもあるし!」と言われましたが
変わってナーイ!/(^o^)\

当の本人にとっては笑い話ではないこともありますが、
地味に困る「手汗あるある」を以下に記載します。

スマホが操作できない

自分の汗が滑り止めになって
「パターンが違います」
ロック解除に手間取ることが多々あります。

手汗の塩梅がちょうど良いと
操作するたびにキュッキュという感触があり、
気持ち悪くなることも(-_-;)

ヒドイ時は手汗の水滴で反応しないこともあります。
ツムツムしている時にコレ、とてもイライラするネ!

画面に手汗の跡がついてカピカピにもなりますし、
ハンカチは必須アイテムです。
もちろん吸水性の良いタオルハンカチで。

紙がふやける

書くことが多い学生時代には本当に困っていました。

何かのイベントや講座などで紙を一枚渡されて、
置き場所がなかったりすると、さぁ大変。
クッキリ手の形でふやけてしまいます。
そんな時は極力接地面積の少ない持ち方をし、
定期的に持ち替えてしのぎます。

紙袋の持ち手も長時間持っていれば
ふにょふにょです。

もちろん、書く時も紙がふやけてしまうので、
押さえる方は手の甲側で押さえ、
書く方の手の下にはタオルやハンカチを敷きます。
ティッシュを4つ折りにして敷くこともあります。

学生時代は漫画家を目指していましたが、
ペン入れのインクをしっかり乾かしても、
消しゴムかけの時に自分の汗で擦ってしまって台無し(><)
なんてのもよくあることで。
この点ではデジタル化して良かったと思います(^^;)

ただ、ペンタブレットでもやっぱり
自分の汗で手の滑りが悪くなってしまうので、
利き手の下にタオルは欠かせません。

家の中で滑る

これも信じられないでしょうが、
フローリングや畳の上だと
自分の足裏の汗で滑ることがあります。
軽く凶器です。マジで。

やはり夏は汗の分泌量が多い傾向があり、
臭う時もあるので、夏でもしっかり靴下を履いています。
水分を吸って、臭いも危険もガード☆

これで冬になれば治まるのかといえば、
そうは問屋が卸しません。
今度は自分の汗で余計に冷えて、
末端冷え症まで追加されます(´д`;)
汗を吸わせるため、家の中でも年中靴下が欠かせません。

必要な時には出ない

これだけ悩ましい手汗ですが、
一日中出ているわけではありません。

ビニール袋を開く時にこそ便利なのに、
そんな時にはカッサカサなんですよ!
夏でも。なんでやねん。

私の場合は比較的、
緊張したり集中したりすると
手汗がドバっと出てきます。

だからスマホとか書く時に大変なんだと思います。
わかったところで、どうしようもないですが(^^;)

そのせいで芸術家なのにハンドクラフトが苦手です。
布はグショグショのヨレヨレ、針はすぐに錆びます_| ̄|○
作るのは嫌いじゃないんですけど、キレイに作りづらいので。

それでも何とか乗り切っています

今でも仕事上の握手はすごく申し訳ないですし、
若い頃は彼氏と手を繋ぐのもすごく申し訳なかったです。
みなさん優しいから「気にしないよ、大丈夫!」と言ってくれますが、
絶対に想像のレベルを遥かに超えているので恐縮でした(-_-;)
水没させていないのに、携帯の水没マークがついたこともあります(^^;)

小さな不便はたくさんありますが、
何とか工夫をして乗り切っています。

でも結構手汗がひどくて悩んでいるという話は聞きますし、
私よりもずっと重症の方もいらっしゃいます。
たかが手汗と思わず、こんなことで悩んでいるんだなぁということが、
少しでも伝われば嬉しいなと思います。

スマホのタッチ入力は地味にメンドくさいので、
次世代の通信機器は手汗にも優しいインターフェースで!
と思ったり思わなかったり(笑)

Vacation & Holiday

日本の夏

お盆休みですね。
みなさま帰省や旅行などで素敵な思い出を作られているでしょうか。

私は生後2ヶ月の赤子を混雑の中へ連れていけないので、
何もせずお家でゆっくりです。
とはいえ、今は毎日が引きこもり状態なので、
普段と何も変わらない確率100%です(謎)

それはさておき。
英語でこういった長期休暇は
vacationやholidayと言います。

でもどうも日本の長期休暇のイメージと何かが違うと言いますか、
どこかしっくり来ない、バチっとはまらない感覚があります。
他に類似の言葉もないので使うしかないのですが。

私が思うに、
日本の休暇に当たる感覚が欧米にはなく、
欧米の休暇に当たる感覚も日本にはない。

のだと思います。

というわけで、私が思うvacationとholidayの解説をしたいと思います。

辞書を調べるとアメリカ英語とイギリス英語でも少し感覚が違うようですし、
あくまで舞々の個人的イメージと思って捉えていただけると幸いです。
ちなみに私はアメリカ英語、南カリフォルニア系です。

vacation

いわゆる長期休暇がvacationです。
イメージ的には2週間から1ヶ月くらいなので、
この時点でまず日本ではほとんどないと言っていいかもしれません(^^;)

また、日本人の長期休暇だと旅行をする方も多いですが、
観光地を精力的に回るというよりも、
「何もしないをするんだよぉ~」というイメージです。
(もちろん、観光地を旅行をする方もいらっしゃいます。)

日本でいうと別荘地でのんびり、が一番近い感覚です。
そんなお金持ちな!という印象かもしれませんが(^^;)
短期間で一軒家やアパートを借りて、自炊して過ごすのも一般的です。
そもそも、ホテルの料金体系も日本は一人当たりの料金ですが、
欧米は一部屋の料金がほとんどなので、意外にリーズナブルなことが多いです。

なので、場所もリゾート地が人気ですね。
ビーチや避暑地、ゆったりした雰囲気のところというイメージが強いです。

holiday

holidayは祝日の意味合いが強いように思います。
また、dayと1日を指す言葉なので、holidaysと複数系で使うことも多いです。

欧米では「クリスマス休暇=冬の長期休暇」となるので、
クリスマスはvacationもholidayも両方聞きます。
日本でも「長期休暇=祝日絡み」が一般的なので、
日本文化の中ではvacationもholidayも同じ意味に感じます。

アメリカで大事な祝日というと
クリスマスとサンクスギビングで、
両方とも家族と過ごすことを大事にする祝祭日です。

なので、holidayは家族とゆったり過ごすイメージが強いです。
お盆はholiday寄りですかね(^^)

日本人の働き過ぎは言葉が原因?

夏休みのことを英語でsummer vacationと言いますが、
そもそも「バケーション」という概念自体が日本にない感じがします。

長期休暇となると、旅行だ!行楽地だ!となりがちで、
(マーケティングの策略もあると思いますが)
どこも行かなかったとなると、
もったいない!負け組!みたいな感覚すらあり。

でも、そもそものバケーションは体を休めて、
仕事から離れてのんびりするのが目的なので、
むしろどこも行かない方が言葉的には正解のような気もします。

日本語に同等の言葉が存在しないということは、
文化の中に概念自体が存在しないということです。
バケーション?何それ?おいしいの?です。

日本では1週間も休みになれば大型連休と言われますが、
欧米では1週間で終わるvacationは少ないと思います。

だからいくら日本人が働き過ぎだ!休みを増やせ!祝日を増やせ!
とやっても何だか上手くいってないのではなかろうか、
と思うところがあります。

個人的には人が集中して混雑や渋滞になるのが苦手なので、
誰もが自由に休みを取ることができる社会が理想なのですが。
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」の日本では無理ですかねー。

でも時代は確実に変わっているので。
20年後にはそうなっているといいなと願う、舞々でした。