ゲーム音楽のタッチポイント効果

ゲーム音楽はゲームの中で非常に重要なものです。
ゲームの世界観や臨場感が大きく左右され、
音楽の良さがゲームの良さに繋がると言っても過言ではありません。

ゲーム音楽は普段からサウンドトラックを買って楽しむくらい、
個人的には非常に好きなジャンルです。

ドラクエシリーズのすぎやまこういち先生は神ですし、
FFシリーズに代表されるイトケンさん、
変拍子がカッコイイ桜庭さん、
モンスターハンターシリーズの「英雄の証」とかもシビれます!

しかし、今回はあえて名もなきゲーム音楽に焦点を当てたいです。

私はツムツムのフィーバーの音楽が非常に秀逸だと思っています。

この音楽になるとすごく気分が乗って
脳内麻薬が出ている爽快感があり、
パチンコのフィーバー状態に似たような感覚になります。
これゆえについつい何度もやってしまうという面が絶対にあると思います。

私が大学生の時なので2000年代前半ですが、
mixiのアプリゲームが出始めた頃に、
同じような感覚のあるパズルゲームがありました。
(現在はもうありません)

ツムツムと同じように1分くらいで
どれだけハイスコアが狙えるかみたいなタイプのゲームでして。
正直音楽のクオリティはしょっぱめで(笑)
ループする時にちょっとプチッと切れ目があるくらいだったのですが、
良い意味でバカっぽくノリの良いサウンドに気分が乗り、
当時、大学生だった私は何時間無駄にしたか計り知れません(^^;)

もうゲームタイトルも思い出せないのですが、
あの頃の感覚は未だに鮮明にあり、
もう一度プレイしたいという気持ちに駆られます。
叶わないのが残念です(´;ω;`)

音楽として優れているだけではなく、
中毒性や病み付きにさせる音楽効果というのも
一種のタッチポイントなのかなと考えるこの頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です