最近ハマっているゲームアプリ【パズル編】

前回の記事で紹介しました、
Seekers NotesとThe Secret Society。
物探しがメインのゲームですが、パズルステージもあります。

マッチ3という3つ同じ色を揃えて消していくタイプのゲームは
私にとって結構良いストレス解消になるので、
その後そっちがメインのゲームもダウンロードしてしまいました。

Homescapes

このゲームはかなり広告を出しているので、
見かけている方も多いのではないでしょうか。
ハゲたオッサンが主人公というのが海外製らしくて斬新です(笑)

でもストーリーが非常に可愛くて。
自分の育った家が古くてボロボロになったから
売り払ってしまおうとする両親を説得するため、
家の至るところを修理してキレイな家にしていくという話です。

パズルを解いていくと行動ポイントが溜められて、
ストーリーを進めることができます。

が、パズルの難易度はエゲツナイです(^^;)
時間制ではなく、手数が決められているのですが、
レベル100を超えると3日くらいクリアできないことがザラにあります。

パズルの解き方も関係しますが、
出てくるタイルの運によるところも大きいので、
「諦めたらそこで試合終了ですよ」の心意気で
何度もやっていればいずれクリアできます(笑)

ストーリーを進めるとキャラクター同士の会話が見れますが、
英語が直訳すぎてなんとも不自然なところも玉に瑕。

上の画像の会話文はこうなっています。
「それは本当だ!オリビアのカップケーキは体型の強敵だぞ。
 いい面を見れば、もういつでもお気に入りのジャケットが着られるのだ」

英語では
“That’s right! Olivia’s cupcakes are body shape’s nemesis.
If I look at the good side, I can always wear my favorite jacket now.”
といったところでしょうか。
英語で見ればこういう話し方をする人は珍しくないんですけどね(^^;)

それと、ゲームとは全く関係なく、
新しいキャラクターが登場するごとにSNSで繋がり、
投稿したりコメントしあうという芸の細かい設定があります。

あのSNS投稿のセリフを考えるのに、
どれだけの時間が費やされているのだろう、と気になってしまいます(笑)

【ダウンロード】
Homescapes (iOS)
Homescpaes (Android)

Gardenscapes

Homescapesと同じオースティンが主人公のほぼ同類ゲーム。
舞台が執事として勤めるお屋敷の庭になっただけです。

でもパズルの難易度はこちらの方がやさしめで、
お助けアイテムも手に入りやすいので進めやすいです。
ただ行動ポイントの消費はGardenscapesの方が多く、
工事完成までの待ち時間があったりします。
グラフィックのクオリティもこちらの方がキレイです。

日本語翻訳の不自然さとゲームには全く影響しないSNSも健在です(笑)
中の人はどういう気持ちでセリフを考えているんだろうと
やっぱり気になります(;^^)ゞ

【ダウンロード】
Homescapes (iOS)
Homescpaes (Android)

私はちょっと難易度が高いくらいのゲームの方が燃えるので、
今回紹介したゲームはなかなか楽しんでいます。
難しめのパズルゲームが好きな方にはオススメの4作品です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です