アジア系の子は字がキレイ

私は小学校から高校まで、アメリカの現地校に合計で9年通いました。

もちろんネイティブの子達に比べて英語力に差はあるので、
語学に慣れるまではESL(English as Second Language)という
(アメリカから見て)外国人ばかりのクラスに在籍します。

学校で「名無しの提出物」はあるあるだと思いますが、
そんな時、先生が筆跡を見て「これはアジア系の女の子ね」ということがよくありました。

そう、アジア系の子は特にキッチリ整った活字を書くのです。

ネイティブの人たちの筆跡って、実はかなりクセのある人が多くて、
見本のようなアルファベットを書く人は本当に少ないです。
先生からのコメントを解読するのが難しいこともしばしば(笑)

私が9年間、アメリカで学校生活をしていて、
キレイな活字を書くネイティブの人に出会ったのは一人だけでした。
(教育実習の先生でした。あまりの衝撃だったため、未だに鮮明に覚えています。)

私はこれを象形文字文化の影響なのではと思っています。

日本語、韓国語、中国語で使われる、漢字やハングルは
線や点の位置がズレるだけで意味が変わってしまったり、
正しくない文字になってしまう言語です。

ほとんどの文字が2、3ストロークで終わってしまうアルファベットに比べ、
これらの文字は一文字あたり何本の線を書くでしょう(笑)

母国語の影響で、アルファベットもキッチリと形の整った文字を書く子が多いのかな、という風に感じます。

もちろん全員が全員ではなく個人差はあります。
男の子の方が文字が乱雑なのは万国共通(?)ですが、
アジア系の男の子の文字の乱れ方はやっぱりネイティブの人とは違うなという印象でした。

そして、日本人の子でも、小さい頃から現地暮らしで、
どちらかというと英語が母国語という子は
やっぱり何となく外国人が書いたっぽい日本語を書きます(笑)

母国語による筆跡の違いは研究してみるとおもしろいだろうな、と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です